豊かな風味と味わいが魅力のきのこ

■サクラマスの魅力

サクラマスの魅力

桜が咲く頃、春の訪れと共に大海から遡上してくるサクラマス。
脂の乗った身は、あっさりとした上品な味わいです。
市場ではあまり出回らず、料亭などへの食材として流通されています。
稀少な高級食材サクラマスを産地直送でお届けします。


■希少なサクラマス

希少なサクラマス

太平洋北西部を中心に分布しており、主にオホーツク海沿岸から日本海沿岸まで生息しています。 生まれた時の呼び名はヤマメ。10cm~15cmに成長した後、海へ下りサクラマスとなります。 その際、ヤマメ特有のきれいな斑点は消え、全身が銀色となります。 海へ下った1年後に再び生まれた渓流へ帰り、産卵を行います。


■サクラマスの味覚

サクラマスの味覚

鰆(サワラ)と並び、春の味覚として知られるサクラマスは、主にマス寿司として広く堪能されています。 身は、あっさりとしていて繊細で上品な味わいで、鮭類や鱒類の中で最も美味しい魚といわれています。 一年に一度の、美味しい贈り物として、グルメな方々を魅了しております。


■サクラマスの調理例

☆白焼き

何もつけずにそのまま焼くことを「白焼き」といいます。焼くと滴り落ちるほど脂がのった素材本来の味覚を存分に堪能できます。

☆塩焼き

塩をお好みでふって焼く「塩焼き」はご飯のおかずに相性ぴったりです。甘みがあり、ほどよく脂がのった塩焼きは最高のおかずです。

☆ホイル焼き

アルミホイルに玉ねぎの薄切りを敷いて、その上に塩コショウした切身、お好みでしめじやしいたけ、野菜などを加えオーブンで焼きます。

☆酢締め

富山県の名産品「ます寿司」は、この酢締めを原材料に使っています。酢との相性の良さから寿司の具材として人気があります。